シズカゲル 副作用

シズカゲルの副作用やアレルギーは?妊娠中でも大丈夫?

シズカゲル副作用
シズカゲルを使う前に気になることいえば、

 

「自分の肌に合うの?」
「ちゃんとしたところで作っているの?」

 

といった副作用や安全性について気になる方も多いのではないでしょうか?

 

こちらではシズカゲルの安全性や副作用について、また成分やメーカーなど気になる点を詳しくお伝えしてきます。

 

購入前の参考になれば幸いです。

 

シズカゲルの副作用(肌荒れやアレルギー)

 

シズカゲルの副作用としてアレルギーや肌荒れなどが発生しないか、シズカゲルに配合されている全成分をチェックしてみましょう!

 

↓シズカゲルの全成分・成分表
シズカゲル副作用

アルブチン,フランスカイガンショウ樹皮エキス,ビルベリー葉エキス,3−O−エチルアスコルビン酸,テトラ 2−ヘキシルデカン酸アスコルビル,ユキノシタエキス,マロニエエキス,シア脂,カンゾウフラボノイド,N−ステアロイルフィトスフィンゴシン,オリブ油,スクワラン,1,3−ブチレングリコール,トリイソステアリン酸グリセリル,硬化ナタネ油アルコール,1,2−ペンタンジオール,精製水,アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体,アルギン酸ナトリウム,水素添加大豆リン脂質,天然ビタミン E,カルボキシビニルポリマー,水酸化ナトリウム,フェノキシエタノール

 

シズカゲルに配合されている美容成分の中でも効果の高い美容成分として、
美白成分のアルブチン
潤いを保ってくれるフラバンジェノール
があります。

 

それぞれ解析しましたので詳しく見ていきましょう!

 

美白成分のアルブチンの副作用は大丈夫なの?

美白成分のアルブチンは、国が認めた医薬部外品です。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が美白効果や安全性を認めた成分です。
認可をとれるまで厳しい審査があって中には10年近くかかった成分もあるくらい。
国から認められた成分のことです。

 

シズカゲルのパッケージにも医薬部外品としっかりと表記されています。

 

アルブチンは、白斑やアレルギー症状などのトラブルが起きにくい成分で、大きな副作用の報告例はほとんどありません。

 

まれに体質によってあわないことがありますが、ほかの美白成分よりもリスクが低いのが魅力のひとつです。

 

独自成分フラバンジェノールの安全性や副作用は?

フラバンジェノールはフランス海岸松樹皮から抽出されたポリフェノールのことで、副作用の心配はありませんん。

 

ちなみにフラバンジェノールの美容パワーはビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍です。

 

またヒアルロン酸を加えることでうるおいがコラーゲンの5倍、セラミドの15倍にもなることが知られている成分です。

 

豆知識
ビタミンCは美肌成分のエースを言われて
・ メラニン生成を抑えて白い肌に!
・開いてしまった毛穴を閉じる!
・大人のニキビを改善する!
・フェイスラインが引き締まる!
・紫外線に負けない肌になる!
といった効果が期待されるといわれています。

 

シズカゲルの安全性は大丈夫?

シズカゲル副作用
シズカゲルは美肌効果に期待されている成分が贅沢に使われていますが、逆にそれだけ効果があると

  • 副作用は大丈夫?
  • 肌に負担になるんじゃ・・・

って思ったりもしますよね。

 

そこで気になるのがシズカゲルは、どういう会社が作っているのかを気になる人も多いのではないでしょうか。

 

シズカゲルは、「株式会社東洋新薬」という会社と共同で作っています。

 

「株式会社東洋新薬」は、1997年に設立以来業績を上げて、今では社員数1000人にまで成長し、2018年9月期の売上高200億円の大企業となっています。

 

主に化粧品事業に力を入れている会社なので、化粧品の信頼性はかなり高いです

 

そんな大手会社の会社がシズカゲルの製造販売元であるのは安心ではないでしょうか。

 

シズカゲルは妊娠中や授乳中でも使える?

シズカゲル副作用
シズカゲルの口コミを調べると肌に合わないという意見はありましたが、副作用が起こったという声はありませんでした。

 

ではシズカゲルは妊娠中や授乳中に使用しても問題ないのでしょうか?

 

SNSやツイッターで調べたところ『妊娠中や授乳中に使用しても問題ありません』と書いているサイトがたくさんありました。

 

でも、ネットの情報は間違っていることがあるので直接メーカーに確認しました。

 

 

シズカゲルは妊娠中や授乳中に使用しても大丈夫ですか?


 

お問い合わせありがとうございます。
シズカゲルは妊娠中や授乳中に使用しても問題ございません。
ただ、妊娠中や授乳中はホルモンバランスが乱れて肌がデリケートになりやすい時期です。
もし、ご心配な場合は医療機関で相談していただきますようお願いします。


 

との正式な回答をいただきました。

 

お問い合わせセンターの方によると妊娠中や授乳中でも問題なく使用できるとのことです。

 

シズカゲルの副作用の予防にパッチテストを実施

どんなにシズカゲルが安全対策をしていても、やっぱり化粧品が合うかどうかには個人の肌質があるのは仕方がないところです。

 

シズカゲルの安全性をさらに高めるためにはご自身で使用前にパッチテストをおススメします。

パッチテストの方法
腕の内側など皮膚が薄く目立たない部分にシズカゲルを塗り、絆創膏などを上から貼って24時間放置した後に肌荒れの有無を確認します。

 

副作用やアレルギーなどが発生していなければ、そこで初めて顔に使い始めるようにしましょう。

 

もし、肌に異常があった時はきれいな水で幹部を洗い流してください、それでも治らない時はかかりつけの病院や皮膚科の受診をおススメします。

 

その時にシズカゲルを一緒にもっていけばスムーズな診察が受けられます。

 

シズカゲルは返金保証付きだから安心

シズカゲルは妊娠中をはじめ全ての肌質の方に安心して使って いただけるよう

パラベン・アルコール・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・シリコーン

の7つの成分の無添加・パッチテストを実施 している商品です。
シズカゲル副作用
シズカゲルはお肌に優しく作っていますが、シズカゲルの配合成分の何が反応して「かゆみ」があったり「赤み」が出るといった刺激になるかはかなり個人差がありますので絶対に副作用がないということはありません。

 

そんな時の為に、シズカゲルでは初回の方だけに全額返金保証を用意しています。
シズカゲル副作用
肌に合わない場合があったときは、注文日より30日以内であれば開封済でも返品を受けてくれます。

シズカゲルの副作用まとめ

シズカゲルの副作用や安全性について、配合成分と製造メーカーの2つの視点から解説しました。

 

シズカゲルは敏感肌や妊娠中の女性に使ってもらえるように、肌の負担になるような成分を排除したりパッチテストを実施しています。

 

また、シズカゲルは実績のある会社が安全性に十分配慮して製造して、副作用が発生しないように配合成分にも十分注意しています。

 

シズカゲルの副作用が気になって今一歩踏み出せないという方のために、返金保証を用意して損をさせないうようになっているので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

page top