シズカゲル悪い口コミ

シズカゲルの悪い口コミ悪評をまとめて公開!購入するのはちょっと待て!

シミ対策やそばかすケアとして人気のあるシズカゲル

 

芸能人愛用して注目されているシズカゲルなのですが、実はインスタやツイッターでいろいろな口コミが飛び交っています。

 

しかも、そのほとんどは公式サイトなどで紹介されていない口コミなんです。

 

もちろん、シズカゲルにも悪い口コミ・悪評はもちろんあります。

 

今回は良い口コミだけじゃなく、悪評・悪い口コミを公開したいと思います。

 

購入前に買う気がなくなったらごめんなさい(;^_^A

 

また、口コミなどからシズカゲルの効果や良いところも紹介したいと思います。

 

シズカゲルの悪い口コミ

赤みが出たという口コミ

 

36歳 敏感肌
2週間使用しました。肌が弱い方なので丁寧にケアしていましたが、かゆみと赤みがでてきたので使用を中止しました。
シミへの効果がないままやめることになって残念です。

 

39歳 アトピー肌
購入して4日目くらいまでは順調に使用できていたのですが、5日目に入りシズカゲルを使用したところ急に赤みとかゆみが出だしました。特に目の周りの皮膚の薄いところでヒリヒリする感じです。

 

とりあえず使うのを控えてもう一度挑戦したのですが、また赤みが出たのでやめました。

 

アトピー肌では難しいのでしょうか・・・もったいないので友達にあげました。

 

赤みが出たという悪い口コミがありました。

 

口コミを見ていると肌に弱いという人に赤みやかゆみが出ている印象でした。

 

自分の肌が弱いと感じる人が使うときは、皮膚の薄い『鼻の下』『目の周り』などは避けて使用するのが良さそうです。

 

肌に合わない口コミ

 

45歳乾燥肌 
シズカゲルはそばかすを改善できるとのことで購入しました。
ただ、使用して1時間後に肌がヒリヒリしてしまいました。
そして、1週間後には肌がザラザラになり、皮膚が剥がれて粉をふいてしまいました。
私の肌に合わなかったのか分かりませんが、期待していただけに残念です。
返品に関してはすんなりできたのでそこは評価します。

 

37歳普通肌
友達にすすめられてシズカゲルを使ってみました。
朝起きで粉が吹くほど乾燥していました。
びっくりしたので使うのを中止しました。
私の肌には合わないみたいです。

 

肌に合わなかった
ごく少数ですが、シズカゲルが肌に合わなかったという方がいらっしゃいました。
シズカゲルは敏感肌やすべての肌質に合うように7つの無添加処方を実施していますが、誰にでも合う化粧品なんて存在しないので返品保証は必須と言えますね。

 

シズカゲルの悪い口コミに多かったのは?

 

肌に合わなかった

効果がない

 

全体の中で悪い口コミは、ほんの1割程度しかありませんでした。

 

次からは良い口コミを一部ご紹介します。

 

悪い口コミからわかったシズカゲルの効果とは?シズカゲルの良い口コミまとめ

 

45歳 敏感肌

さらっとした使用感ですが、肌につけるとゆっくり浸透していく感じです。

 

伸びもいいし、保湿力もありずっとしっとりしています。

 

4ヶ月目に突入したのですが、くすみがとれてきました。濃いシミも薄くなってきて、全体的に顔が明るく・白くなった感じでとても満足してます。まだまだ継続していきます。

 

 

42歳 乾燥肌

一度使ってよかったので、まとめ買いして6カ月間ずっとシズカゲルだけを使用しています。

 

保湿感もあり、メイクのノリも良いです。朝は少なめに、夜はたっぷり使っています。

 

6カ月間使ってきましたが、シミが薄くなってきた気がします。さすがに全部消えるのは無理かもしれませんが、期待して続けたいと思います。

 

シズカゲルの成分をみてわかるその効果とは?

↓シズカゲルの全成分・成分表
シズカゲル悪い口コミ

アルブチン,フランスカイガンショウ樹皮エキス,ビルベリー葉エキス,3−O−エチルアスコルビン酸,テトラ 2−ヘキシルデカン酸アスコルビル,ユキノシタエキス,マロニエエキス,シア脂,カンゾウフラボノイド,N−ステアロイルフィトスフィンゴシン,オリブ油,スクワラン,1,3−ブチレングリコール,トリイソステアリン酸グリセリル,硬化ナタネ油アルコール,1,2−ペンタンジオール,精製水,アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体,アルギン酸ナトリウム,水素添加大豆リン脂質,天然ビタミン E,カルボキシビニルポリマー,水酸化ナトリウム,フェノキシエタノール

 

シズカゲルには、シミ予防に欠かせないアルブチンという成分があります。

 

アルブチンはシミの原因となるメラニン(色素)を抑えてシミを予防してくれる成分です。

 

メラニンが増えることでシミになりますが、実はその他にも見逃してはいけない原因があります。

 

それは、肌のターンオーバーです。

 

実は肌のターンオーバーがきちんと行われていれば、メラニン(色素)はちゃんと剥がれ落ちるんです。

 

若い時は、このターンオーバーの周期が正しく行われていることやメラニンの生成が少ないことからシミが元々できにくい肌環境にあります。

 

しかし、年齢(加齢)とともにメラニンは増殖してしまいます。なので、若い頃と比べターンオーバーの周期が行われる期間がどんどん伸びていきます。

 

シミはこういった要因が重なってできてしまうのです。

 

もっと、詳しごく説明します。

 

シミができやすい肌環境とは?

 

バリア機能の低下によって肌が紫外線に弱くなりメラニンが増加

バリア機能とは?
私たちの肌表面には0.02mmの角質層があります。この薄い角質層によって紫外線や肌の乾燥、外部の刺激などから私たちの肌は守られています。
このことを肌のバリア機能と言います。

 

バリア機能の低下になる原因は様々ですが、バリア機能が低下するとシミの原因となる紫外線が肌の内部まで入りやすくなってシミができます。

 

なので、バリア機能の低下を治してあげるとシミに強い肌になります。

 

1番良い方法が肌の保湿です。

 

シズカゲルは、39種類の保湿成分を配合しているので、肌表面の乾燥から環境を整えて紫外線に強い肌(バリア機能の正常化)に促します(うながします)

 

加齢によってターンオーバーの周期が乱れ、色素(メラニン)が残りやすい肌環境になる

ターンオーバーの周期が正常になるとシミへの改善になります。

 

肌のターンオーバーとは?
新しい肌が生まれるサイクルのことです、私たちの皮膚は約28日の周期で生まれかわるといわています。
ただし、加齢とともにそのサイクルは長くなってしまいます。

 

ターンオーバーの周期が遅れると『古い角質がずっと残っている』『新しい肌を作る力がなくなる』これらの問題を改善するにも同じように保湿が大切になってきます。

 

人が水分を取らないといけないように肌も水分を必要とします。

 

水分がすくなくなってしまうと、肌としての正常な働きができなくなってシミの色素の残った肌を押し出す力が弱くなる、そしてシミの残った肌がそのまま残ってシミが目立ちやすくなる悪循環に陥ります。

 

加齢によりメラニンが増加しやすい

メラニンが増えることをおさる

 

メラニンとは?
私たちの肌の色を作っている重要なものです。

紫外線を浴びると私たちの肌は、メラノサイトという肌の底の方でメラニンが作られます。でもこのメラニンは決して悪いものではなくてこれ以上紫外線を浴びても肌がヤケドしないように防いでくれるものなんです。

 

しかし、歳をとるとメラニンが過剰に分泌されます。また加齢ともにターンオーバーの周期も長くなるのでメラニン(色素)が内部に残り、シミになっていきます。

 

これに最も重要な成分がアルブチンなんですね、加齢によるメラニンの増加は避けて通ることができません。

 

でも、増加は抑えることができます!

 

シズカゲルに入っている成分のアルブチンが加齢によるメラニンの過剰な増加を抑えて、新しいシミを予防してくれます。

 

シズカゲルの悪い口コミや良い口コミからわかった効果まとめ

これでシズカゲルがシミへ与える効果がどいうものなのか?あなたもわかったのではないですか?

 

シズカゲルはシミができる肌環境を整える成分が多く入っていることから、ターンオーバーやバリア機能を正常化することによってシミへの効果を与えているということです。
『シミが薄くなったように感じる』
『肌荒れが良くなった』
『肌のトーンが明るくなった』

 

という口コミはこういった要因があるのですね。

 

シズカゲルをお試しする前にはしっかりと効果や評判、自分の肌質を理解した上で購入するようにしましょう。

page top